2012年07月12日

Flying Squirrel 15周年

 歴史を記すというのは、生き残った者が得られる唯一の特権なのかもしれません。

 当サイト『Flying Squirrel』は、本日で開設から15周年となりました。
 15年ともなると、さすがにちょっとした歴史じゃないかと我ながら思うわけです。歴史と云えるほどの内容が伴っているかは、自問自答すべきところではありますが。

 かつて「エニックス系サイト」というジャンルが確立されていた時代がありました。
 エニックスのマンガやゲームのファンサイトが、一昔前には沢山あったものでした。うちはその中のマイナーないちサイトに過ぎなかったわけです。
 しかし時は流れてジャンルは下火となり、ほとんどのサイトがネット上から姿を消しました。四散したユーザーたちは、今では各々ネットの別の場所で活動していることだと思います。もしかしたら、サイトのことなどとっくに忘れてしまった人もいるかもしれません。
 その一方、あの頃にエニックスの雑誌で執筆されていた作家さん方は、Twitterの普及とともに続々とネットに登場して、読者と同じ高さで活動なさっていたりもします。

 この数年で、「エニックス系」の状況は大きく様変わりしました。
 夜麻みゆき先生自らが『レヴァリアース』の復刊を告知したり。
 Jコミで過去のエニックス系の作品が読めるようになったり。
 憧れだった作家さんたちがTwitterで日々由無し事を呟いていたり。

 作家さん自身がネットで発信する時代において、個人のファンサイトはもはや不要のものとなりつつあります。

 それでも。
 それでも、かつては個人サイトこそがネットの中心的存在だったのでした。
 コンテンツを作り、公開することに熱意を注いできた者たちがいた。
 寝る間も惜しんで入り浸っていた者たちがいた。
 そうしてわたしたちは、自分と同じように作品を愛していた人たちを知ることができた。

 人は少なかったけど、あの頃だってネットは熱気に満ち溢れていたのです。

 そうした個人サイトの「生きた歴史」として、Flying Squirrelはこれからも在り続けようと思います。
 今年中には15周年企画として、SO2の外伝小説を出す予定です。
 まだまだ歴史を刻んでいく所存です。


 遠い昔。
 まだGoogleも2chもなかった時代。
 好きな作品のファンサイトを作り、掲示板やチャットで語り明かしていた者たちがおりました、とさ──。
posted by むささび at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2012年07月03日

Twitterまとめ (2012.06)

 ユーロの実況でツイート数自体は多いですが、それを除くとこんなもんです(;´Д`)

[ Wed, 06 Jun 2012 ]
 4人とも大好きでした。ありがとう。 -- セリエAを彩った去りゆく名手たち 伝統の系譜は受け継がれるのか http://bit.ly/MFWOog

[ Fri, 08 Jun 2012 ]
 ギャグ王記念館に、Jコミのギャグ王作品へのリンクを追加しました。随時追加していく所存ですので、今後ともギャグ王の作品をよろしくお願いします。 http://andante.halfmoon.jp/fs/gagoh.html

[ Tue, 12 Jun 2012 ]
 カテゴリー7は地雷なのか……。 RT @gigazine LANケーブルが変わると速度がどれほどアップするか38種類テスト結果まとめ http://bit.ly/MFY4rx

[ Tue, 26 Jun 2012 ]
 「思うことを文字にする」というのは、その際に生じた感情を固定化させる、ということだと思います。ネガティブなものはなるだけ固定化させたくないので、わたしはなるべくその手のことは書かないようにしています。
 思考という行為の根幹である、という意味に於いても、言葉は大事に使っていきたいと思います。
posted by むささび at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Twitter

2012年07月02日

ユーロ2012まとめ (うすくち)

 海外サッカーに関しては、ずっと「にわか」を自称してきましたが、さすがに10年以上見続けてきてにわかもないだろうということで、今回は「うすくち」としました。
 どちらにしても大したこと書けません。ごめんなさい。

■スペイン

 終わってみれば、W杯の相似形だったかな、という印象です。
 点取り屋が不在ということもあって、グループリーグではいまいちパッとしなかった(アイルランド戦は師匠のご活躍で良かったけど)ものの、徐々に連携が取れてくるとペースも上がってきて、決勝ではぐうの音も出ないほどの完璧なサッカーを見せつけてくれました。しかもジョルディ・アルバという新たなスターまで出てくる始末。南米勢も最近は今一パッとしないから、このまま2年後のW杯も持って行ってしまいそうな勢いです。
 こうなったらもう、日本がスペインを止めるしかないな。うん。

■イタリア

 やはり中2日は厳しかったか。万全のコンディションでスペインと再戦してほしかったな、というのが正直なところです。
 それでも今回のイタリアは素晴らしかったです。以前ならイタリアの試合は半分寝ながら観戦することが常だったんですが、今回は非常に見応えあるサッカーを披露していて飽きなかった。初戦のスペイン戦は今大会のベストゲームだったと思います。
 バロテッリはクラブチームでの挙動と比べると大人しい印象だったけど、アイルランド戦の口塞ぎ事件やドイツ戦の仁王立ちなど、少しずつ本領を発揮(?)し出してくれました。プレイ内容でも大器の片鱗は見せていたので、今後の活躍に大いに期待。

■ドイツ

 また、やらかしてしまいました。何度目だドイツ。
 華々しく勝ち上がって期待を持たせておきながら、勝負所でコロッと負ける。もはやドイツの悪癖となりつつあります。上手いこと行きすぎると油断してしまうんですかねぇ。こういうのは巡り合わせみたいなものが作用してくるので、どうにもならんところはあります。
 まだ若い選手が多いので、2年後また頑張ろう。

■ポルトガル

 ロナウド依存なのは相変わらずだけど、今回はチームとしても結構まとまっていたと思います。ナニのコンディションが今一だったのが残念。コエントランは良かったですな。
 センターフォワードさえ固まれば、かなりのチームになると思うのだけど……。スペインみたく0トップにしてしまうのも手かも。

■フランス

 辛うじて決勝トーナメントまでは進んだものの、またしても内輪揉めでチーム崩壊。ナスリはプレイスタイルは結構好きなんだけどなァ……。前回のグルキュフにしても今回のナスリにしても、こういう形で若い選手が潰れていってしまうのが非常に残念です。

■オランダ

 デンマーク戦で負けたのが運の尽きでした。前半20分で集中力が切れてしまうというのは、明らかに何か問題があるんだと思います。それほど若い選手が育っているわけでもないので、今後が少し気懸かり。
posted by むささび at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー