2013年02月19日

Windows8タブレットの所感

 先日、衝動的にDELLのタブレットLatitude 10を買ってしまいまして。

 先日と云っても2週間以上前の話で、Twitterでは随時使用感を書いていたりしました。ある程度使い方も固まってきたので、このへんで所感を纏めようと思った次第です。


■端末としての評価

 iPadを所持しているのでどうしてもそちらとの比較になりがちですが、まァ全体的には「結構使えるよ」といったところです。
 CPUはAtomでもさほど動作に重さは感じられず、バッテリーもiPad並みかそれ以上に保ちます。ただ、起動直後やスリープ解除後にタッチが反応せず数秒固まるケースも見られました。パワー不足なのかOSの仕様なのかは不明ですが。
 あと、動画はやや厳しいところがあります。そちらの用途を考えている方は注意。

■使い方

 やっぱり「ノートPC代わり」というのが順当な使い方なんだと思います。
 タブレット端末の肝であるブラウジングの快適さに関しては、iPadどころかAndroid端末にも及ばないのが実際のところです。タッチ操作によるズームイン/アウトに対応してるのはIE10だけだし。専用アプリもまだまだ少なく、普及の兆しも見えない。解像度の低さも気になります。
 唯一と云ってもいい強みがWindowsのソフトを使えること……ですが、こちらを主用途にするならどうしてもキーボードとマウス(トラックパッド)は欲しい。今のWin8端末がコンパーチブル形式ばかりというのは、こうした現状を反映したものなんでしょうな。Windows8が「中途半端」と評価される所以でもあります。

■個人的には

 色々ネガティブなことを書きましたが、個人的には充分満足しております。
 というのも、「モバイル端末でカナ入力」というのがわたしの数年来の悲願でありまして、それが実現できただけでもう最高に素敵端末という評価なのです。

 愛用のポメラ仕様キーボード(BSKBB03WH)も問題なく接続できました。ただ、最初に繋いだ際に英語キーボードとして認識されてしまったので、手動でドライバーを選び直す作業が必要でした。(※デバイスマネージャーで当該キーボードのプロパティ→ドライバーの更新→「互換性のあるハードウェアを表示」のチェックを外してからデバイスを選択)

 ハードだけでなく、ソフトキーボードでもちゃんとカナ入力できます。素晴らしい。

 Windowsは我々カナ入力派にとっての「最後の楽園」となりそうです。
 (昔そんなタイトルのマンガがあった気がするけど、たぶん気のせいです)
posted by むささび at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・ガジェット

2013年02月13日

Twitterまとめ (2013.01)

 色々立て込んでいて遅れました。1月分です。

[ Thu, 03 Jan 2013 ]
 サッカー新聞関係者の失言の件。全く同意はできないけど、昔から海外サッカーを見てきた人にはああいう意識の人が結構いるような気がします。それは別に本邦蔑視ではなくて、ある種の偶像となった領域(海外サッカー)に身近な存在(同国の人)が入り込むことに嫌悪を感じているんじゃないかなァ。
 かくいうわたしも、日本人選手の出ている試合を見るのは少し苦手です。欧州サッカーはなるべくフラットな視点で観戦したい人間なのですが、どちらかのチームに日本人がいるとどうしてもそちらに偏った見方になってしまうので。個人的に応援している宮市とかの試合はちゃんと見るけど。

この件についてのツイート。

[ Wed, 09 Jan 2013 ]
 フリーコムがまだサービス続けていたことの方に驚き。 -- 旧平成電電の無料ISP「FREECOM」、3月にサービス終了 -INTERNET Watch http://t.co/dsbqjj7B
 ライブドアがその昔、無料プロバイダだったことを憶えている人は、今どのくらいいるんだろうか。

[ Tue, 15 Jan 2013 ]
 愛知発のチェーン店といえばココイチが有名だけど、あそこは「背伸びしない」「無理しない」「変わらない」ことで着実に浸透させていったと思うんですよね。コメダもああいう形で広がっていけばいいかなとは思います。

[ Thu, 17 Jan 2013 ]
 「原作」と「メディア化」に関する悶着は昔から散々云われてきていて、まァそれぞれ一理あるとは思うけど、個人的にはこういう考え方のほうが好きですな。 https://t.co/CPbFJhoH 魍魎の匣の映画は確かに別物でした。でも、それはそれで良いんじゃないかと。
 京極夏彦さんは自作のメディア化にはほとんど無頓着で、そのせいで時に唖然とするような作品(いわゆる原作レイプ)になってしまっていたりもするのだけど、一方で『嗤う伊右衛門』みたいな良作が生まれたりもする。『嗤う〜』は個人的には原作よりも面白かったです。

[ Wed, 30 Jan 2013 ]
 懐かしすぎてトリップした。 -- 今はもうない 消えた 幻の 食べ物・飲み物『ロンド製菓おひるだよ』:哲学ニュースnwk http://t.co/KfHX6Q6S

[ Thu, 31 Jan 2013 ]
 市民団体による抗議というのは何も今に始まったことではなくて、戦後間もない頃にだって婦人団体がしゃもじ片手に怒鳴り込んだりしていた。不要な騒ぎを引き起こすこともあっただろうけど、一方でその活動によって救われた女性もいると思うんですよね。
 今はすぐに情報が伝わって色々煩わしい気分になりがちだけど、その活動自体まで否定するような空気が蔓延するのは、あんまり良いことではない気がします。
posted by むささび at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Twitter