2007年03月28日

Flying Squirrel 回顧録 〜 2年目『加速』(1998.7-1999.6)

■SO2とER
 98年の7月30日に、スターオーシャンの続編が発売されました。初めて「サイトのためにプレイした」ゲームであったわけですが、それを抜きにしてもハマりました。どのぐらいハマったのかというと、その月のギャグ王のレビューをすっぽかしてしまうぐらいに( ̄× ̄; ギャグ王記念館の展示場では、今も9月号が抜けたままになっています。
 サイトの更新自体も、この先2年近くはERがメインになっていくことになります。それ以外のコンテンツに関しては、正直なところ、ほとんど放ったらかしでした。でも、これはしょうがないんですよね。義務でも仕事でもなく、趣味でやっている限りは、その時々の興味によってどうしても一方に偏ってしまう。全部まんべんなく更新できればいいんだけど、なかなか……ね。それでも、三笠山委員会の皆様には申し訳ありませんでした。ホントに完全放置でしたから。
 SO2発売によって、ERには新たなコンテンツがいくつか設置されました。情報コーナーと試練の洞窟攻略は今でも残っているけど、他には関連書籍やCVの声優さん紹介なんかもやってましたな。MIDIも鬼のように作りまくりました。のちには『ルシフェル・プロジェクト』と題して、十賢者のバトル曲をコンプしようなんて企画をぶちまけたりもしました。まァ、なんつうか、無謀もいいとこですね。逆に言えばそれだけバイタリティに溢れていたということか。そして、その溢れんばかりのバイタリティによって始めた企画が──そう、アレです。

■小説SO2
 ER、というかわたしのサイトにおける最高傑作となったこの企画ですが、始まりはすこぶる地味でした。当時はそんなに訪問者がいたわけでもなく、ホントに内輪だけのちょっとした企画のつもりだったんですな。どこまで続けられるかもわからなかったし。とにかく小説が書きたかった、SOの世界を自分で描いてみたかった、その一心で始めただけのことだったんですが……見事に大化けしましたな。まさか同人誌まで出すことになろうとは、9年前には想像もしなかっただろうに。
 小説SO2関係の話はこちらのエントリにも書いているので、よかったら参照ください。途中から笑かしにかかっているのがアレですが。わたしの悪い癖です。

■サイトを訪れる方々
 FS開設から1年余り経って、コンテンツも充実してくると、訪問者も少しずつ増えてきました。それと同時に、掲示板に定期的に書き込んでくれたりする、いわゆる「常連さん」もつくようになりました。いまネット上で親交のある方々は、ほとんどがこの時期の常連さんだったりします。裏を返すとそれ以降のひとたちとはほとんど親交がなかったということになるけど……まァ、気にしないでおこう。
 サイトの訪問者には、エニックス関係の作家さんも何人かいました。夏先生は言うまでもないけど、他にもDQ4コマのマンガ家さんからは、掲示板で話をしたりメールを頂いたりしていました。あとは、ゲームのマンガをいくつか描いていた某先生とか、普通に色々雑談してましたな。あのときのやりとりが連載中のマンガに少なからず影響を与えたと、わたしは勝手に思っております。実際はどうかわからないけど(笑)
 それと、何といっても一番衝撃的だったのが、三笠山先生の来襲。ええ、来訪じゃなくて来襲です。まさしく怪獣なみのインパクトでしたから。「落書き集」とか無断で載せていたから焦りましたよ。幸いにもお咎めはなかったけど。三笠山先生はその後『うめじゅく』というサイトを自ら立ち上げました。そのことが、委員会にも微妙な影響を及ぼすことになるのですが、そのあたりの話はこちらに書いてあるので割愛します。

■MIDI大量生産
 当時、わたしはMIDIデータも数多く作っていました。「耳コピ」なんて言葉は今やすっかり廃れてしまったけど、その頃はゲームの曲を聴き取ってデータに打ち込んでいくというのが流行っていたんですな。わたしも外部音源とかキーボードとか打ち込みに必要なツールを揃えて、DQやSOの曲をコピーしまくっていました。(※現在は、某著作権協会さんの登録曲を勝手にコピーすることはできません) 98年から2000年までの2年間というのは、耳コピストとしての活動のピークでもありました。ホントに阿呆みたいに作っていたなァ。おかげでMIDIに関しては、中級者程度の知識は身につきました。一から作曲するスキルはないくせにね。
 せっかくの機会なので、わたしがこれまでに作ったデータをリストアップしてみました。コピー曲限定です。未公開のものも少しありますな。ちなみに、1曲だけ激しく場違いなデータが混じっているので、暇なかたは探してみてください(笑) 今はコピー曲は公開していませんが、プレイヤーズ王国のほうに一部だけ置いてあります。聴くにはプレーヤを入れないといけないのが面倒だけど。

■『ギャグ王事務局』閉鎖
 
 99年2月26日時点。PCのフォルダを漁ったら残ってました。
 この5日後にギャグ王は休刊となります。

 サイト開設2年目は、順風過ぎるほど順風な年でした。けれども、ただひとつだけ、ショッキングな出来事がありました。独立サイトまで立ち上げて応援していたギャグ王が、突如として休刊してしまったのでした。
 なんつうか、もう茫然とするしかなかったです。先月までは普通に刊行されて、来月の予告にも休刊するような素振りは全くなかった。新連載も始まるって話だったし。それが蓋を開けてみたら、新連載は読み切りになっているわ、前の月から始まっていた連載は見るも無惨な終わり方をしているわで、もう酷い有様でした。1ヶ月の間に編集部の中で何があったのかは知らないけど、読者にとって、そして、おそらく作家のひとたちにとっても、その出来事は理不尽以外のなにものでもなかったと思います。
 休刊を知った直後、わたしはギャグ王事務局の全コンテンツをサーバから消しました。そして翌日には、閉鎖の告知を掲載しました。応援するべき雑誌がなくなってしまっては、サイトを続けていても仕方ないですから。それに、当時は既に、エニックスの雑誌関係に対する熱意はほとんど失せていたんですね。三笠山委員会だけはFSに戻して存続させたけれど、相変わらず放ったらかしの状況は続きました。そして、これをきっかけにして、サイトの更新はますますERのほうへとシフトしていくことになるわけです。

 FSの2年目はSO2発売で始動して、そのまま他のコンテンツを置き去りにしたまま突っ走った1年でした。そうして、いよいよERはピークを迎えます。あの、ちょっと怪しい熱気に充ち溢れていた日々に向けて、ERは着実に加速を続けていきました。


■Flying Squirrel 回顧録[目次]
  1. はじめに
  2. 1年目『未踏』(1997.7-1998.6)
  3. 2年目『加速』(1998.7-1999.6)
  4. 3年目『衝突』(1999.7-2000.6)
  5. 4年目『結実』(2000.7-2001.6)
  6. 5年目『錯誤』(2001.7-2002.6)
  7. 6年目『悲願』(2002.7-2003.6)
  8. 7年目『隘路』(2003.7-2004.6)
  9. 8年目『原点』(2004.7-2005.6)
  10. 9年目『再見』(2005.7-2006.6)
  11. 10年目『途上』(2006.7-2007-6)
  12. おわりに
posted by むささび at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3613009
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック