2007年04月21日

Flying Squirrel 回顧録 〜 3年目『衝突』(1999.7-2000.6)

■ER最盛期
 
 99年10月あたりのER。エイプリルフールでネタをやった際に再現しました。
 星空の背景に覚えのあるかたもいるんじゃないかと思います。
 つうかバナーってこのときから変わってないんですな(;´Д`)

 SOの情報・攻略系サイトとして始めたERですが、訪問者が増えるきっかけになったのはむしろ、小説SO2やMIDIなどの二次創作系コンテンツでした。まァ、どちらも物珍しさはあったと思います。アンソロジー的な小説は数多くあれども、ノベライズなんて向こう見ずな企画は誰もやらなかっただろうし、SOのMIDIも他のメジャーなタイトルに比べれば少なかった。桜庭さんの曲は難解で有名ですし。
 SO2発売から1年が経過した頃には、アクセス数もそれなりに増加し、掲示板も大いに賑わいました。手元にはこの時期の掲示板のログが残っているんですが、改めて読み返すと、その熱気や凄まじいものがあります。わたしも3画面に渡るような長文レスを毎日のように書き込んでいたりして。しかもこの頃はちょうどショタを発病(!)した時期でもありまして、そっち系の話が盛りだくさん。添い寝だの恥骨だのと、いかがわしい単語が飛び交ってるし。皆さん、はっちゃけ過ぎです。その中心にいたのが自分なわけだけど……。さすがに今はここまで暴走はできませんな。添い寝は今でもしたいけど。
 というか、うちのサイトが賑わった最大の要因は、もしかしてショタ系の話題をやっていたからだったりする?
 ……まァいいか。あえて気にしないでおこう(;´Д`)

■衝突
 そんなこんなで、99年の後半はすこぶる好調だったわけですが、好事魔多しとはよくいったもので、あんまり調子こいていると、思わぬところから冷や水を浴びせられることがあります。このときも、そういったケースでした。
 まァ、改めて思い返せば、ホントに些細な諍いです。取るに足らないような出来事です。けれども、当時のわたしにとっては、初めて「サイト運営も楽しいことばかりではないんだな」ということを思い知らされた出来事だったのでした。もしかしたらそれは、サイトをある程度の期間やっている人間に必ず訪れる「通過儀礼」のようなものなのかもしれません。頭に過ぎるのは、既に閉鎖した先達たちのサイトのこと。──あァ、なるほど、こういうことだったのか。サイトをやめることを選択した彼らの気持ちが、少し判ったような気がしました。
 実際、わたしも閉鎖を考えました。「あー、もう、めんどくさー。いっそ全部消してしまおうかな」と投げやりな気分になった時期もありました。けれど、結局閉鎖はしなかった。理由は色々あるので一口には言えませんが、もちろん小説のこともあったと思います。こんなしょーもないことで企画を潰すわけにはいきませんでしたから。
 とりあえず、わたしは言い訳みたいな文章を長々と書いてみました。けれど、書いているうちに、これは他人に読ませるような文章じゃないなと気づいて、サイトに載せるのは思い留まりました。そうして色々と悩んでいるうちに、なんだか考えるのも面倒になって、全て投げ出してしまった。
 で、どうしたのかというと、しばらくネットから離れることにしたのでした。ちょうど年末年始だったのですが、大晦日を挟んで1週間ほど、ネットには一度も繋がずに、ひたすらずっとゲームをやっていました。まァ、それでもちっとも気は晴れなかったけど。何が問題かって、やっていたゲームが悪すぎた。……そう、そのときプレイしていたのは、当時発売したばかりのVPだったんですな。ご承知の通り、あのゲームは全体的に雰囲気が暗いです。なにせキャラのほとんどが死人だし。死に際のエピソードを延々と見せられているうちに、ますます気が滅入る結果となってしまったのでした。
 それでも、1週間もネットに繋がなければ、元々中毒気味だったわたしが我慢できるはずもありません。程なくしてわたしはネットに復帰しました。ほとんど何も解決していない──そもそも解決すべきことなのかどうかも判らなかったし──けど、とりあえず曖昧な状態のまま続けてみよう、というのが、最終的な結論でした。表面上は今までと何一つ変わりなく、サイトは続けられました。内面的には色々変わったんですけどね。ご存知のかたがいるかどうかは知りませんが(多分いないでしょう)、わたしのネット上での「口調」が変わったのは、ちょうどこの時期だったりします。「私」が「わたし」になったり、「ァ」や「ッ」を使って浅野りんっぽくしたのも、この一連の出来事がきっかけでした。口調を変えることで一体どうしたかったのかは、今もって不明だけど(;´Д`) まァ、心境の変化に伴ってイメチェンしてみたかったんでしょう。たぶん。

■4コマデータベースの移譲
 この時期はちょうど改装ラッシュでもありまして、サーバの移転やら内容整理やら、大がかりな変更も含めた作業が行われました。ところが、その過程で、手の回らないコンテンツをどうするかという問題が浮上してきました。当時はとにかく小説SO2の更新が最優先事項だったので、他のコンテンツ(特にFSのほう)はどうしても後回しになってしまう。改装時にいくらかは整理したけど、消すには惜しいものも結構ある。FS開設当初からある「4コマ劇場データベース」も、そうしたコンテンツのひとつでした。
 さて、どうしたものかと色々考えているうちに思いついたのが、コンテンツの移譲でした。ちょうどその頃、エニックス系サイト界(笑)に新星のごとく現れ、飛ぶ鳥を落とす勢いで躍進していたサイトがありました。それが、ぴろろーさんの『FREELY PIROS』でした。このかたならばデータベースを続けてくれるに違いないと勝手(ホントに勝手です)に思って、ダメ元で移譲の件を持ちかけてみました。すると、ぴろろーさんはあっさり快諾。思いのほかスムーズに受け継ぎ作業は完了してしまいました。いやはや、その節は本当に助かりました。わたしもすっかり肩の荷が下りた思いでした。

■『少年探偵レオン』開始
 で、荷物を下ろしてせっかく肩も軽くなったというのに、そこにまた、新たな荷物を抱えてしまいます。これもわたしの悪い癖です。
 99年後期に発病(!)したショタ好きですが、それから半年ほど経つと症状は悪化し、「子供好き同盟」などという、今やったら眉を顰められかねないコンテンツまで立ち上げてしまいます。そして、その中の一企画として始めたのが『少年探偵レオン』でした。表向きは「読者参加型のミステリークイズノベル」(これも『ぼく推』シリーズのパクリです)ということでしたけど、直接の動機は言うまでもなく「レオンが書きたかった」、その一語に尽きます。本編のノベライズではレナ編を担当していたこともあって、レオンの出番が非常に少なかった。もっとレオンを書きたい、活躍させたい、そうした邪念思いを具現化させたものが、この企画でした。おかげで、内容もかなり趣味に偏ったものとなっております。女装させたり、変態ストーカー怪盗を登場させたり。少年探偵レオンは今でもERに置いてあるので、よかったらご覧ください。ちなみに633Bの元ネタは某BLゲームですが、知らないほうが身のためだと思います。はい。
 まァ、そういったことを抜きにしても、読者参加型の企画としては、面白い試みだったんじゃないかと思います。何だかんだで一応完結してますし。失敗例のほうが多いわたしの企画の中では、成功の部類に入る……かな。

 3年目はいろんな意味で本当に内容の濃い一年でした。同時に、わたしにとっては大きな分岐点となった一年でもありました。今から思えば、たぶん、このときが閉鎖する唯一のチャンス(?)だったんでしょうな。継続することを選択して──「選択」というより、単に「惰性」でそうなっただけなのかもしれないけど──FSは、当面の目標に向かって突き進んでいきます。……小説SO2の完結へと。


■Flying Squirrel 回顧録[目次]
  1. はじめに
  2. 1年目『未踏』(1997.7-1998.6)
  3. 2年目『加速』(1998.7-1999.6)
  4. 3年目『衝突』(1999.7-2000.6)
  5. 4年目『結実』(2000.7-2001.6)
  6. 5年目『錯誤』(2001.7-2002.6)
  7. 6年目『悲願』(2002.7-2003.6)
  8. 7年目『隘路』(2003.7-2004.6)
  9. 8年目『原点』(2004.7-2005.6)
  10. 9年目『再見』(2005.7-2006.6)
  11. 10年目『途上』(2006.7-2007-6)
  12. おわりに
posted by むささび at 01:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 昔話
この記事へのコメント
どもです。
ブラウザのブックマークに入れてないせいで(死),
偶にしか訪れない男です。
はじめから一気に・・・否,
4→3→2→1と順番に読ませていただきました。
アレですね,こうやって10年間を振り返られるだけの
歴史をお持ちであるところが,すごいな,と。
私も経過した時間だけは同じですが,中身がね,
置きっぱなしになったドレッシングみたいに,
味のするところとしないところが真ん中付近で分かれているので,
一年ごとに区切ってなんて書けませんもの。

来月も楽しみにしております。
Posted by Shira at 2007年05月03日 23:15
ども。

まァ、昔はホントにサイトの更新ばかりやってましたからね。今思うと阿呆なんじゃないかっていうぐらい。そのぶん、語れることだけは色々とあります。
ただ、5年目以降になると一気に内容が薄くなるので、そこからは2年区切りにしたほうが良かったかもしれません。2003年なんて何を書けばいいんだろか(;´Д`)
Posted by むささび at 2007年05月04日 07:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3808655
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック