2010年08月22日

いろいろメモ(夏の逆三角体型ver.)

 暑苦しいサブタイトルですみません。

■iPadとIS01

 相変わらずテキストの同期で試行錯誤が続いています。わたしが目指しているのは、「PC(Win)・iPad・IS01のどの端末からでも同じテキストを編集できて、保存と同時に同期を取ってくれる」という環境です。
 今のところ、その環境に最も近いのがDropbox。各々の端末に専用アプリを導入すれば、どこからでも同じテキストにアクセスできます。特にPC版は仮想ストレージとして認識してくれるので、管理が非常に楽ちんです。
 Android版の動作もほぼ理想通り。任意のテキストエディタ(わたしは「メモ帳」というアプリを使ってます)で開いて、編集後に保存すれば自動でアップロードしてくれます。
 ただ、惜しいのがiPad版。任意のエディタで開けるまではいいんですが、編集後の同期は自動でやってくれない。というのも、iPadはシングルタスクなのでアプリを行き来するような動作はそもそも不可能なんですな。仕方ないのでGoodReaderにて手動アップロードを試みたものの、どうも同一ファイルの上書きはできないらしくてエラーになってしまいました。このあたりはOSのバージョンアップで解消されるのを期待するしかなさそう。
 Dropbox以外では、snapticというノートの共有に特化したサービスがあるんですが、こちらはPCでの編集がブラウザからしか行えないのが難点でした。長文の編集も少し厳しいかなァ。iPad-IS01間の同期に関しては完璧なので、上のDropboxと組み合わせて使っていこうかなとは思ってます。
 ちなみにEvernoteやGoogleドキュメントは、プレーンテキストを扱えないということで候補から外しました。リッチテキストは勝手に余計な装飾だのを入れてくる傾向があるので、どうにも苦手です。例の全角スペースの問題も、そのへんが原因っぽいし。

■まったり自炊入門

 何やらiPad持ちの間で、手持ちの書籍をデータにしてiPadに入れる(実際に読んでいるかは不明)というのが流行っているらしいので、わたしも試しにやってみようと思い立ちました。ただし本格的にやる気はないので、ScanSnapだの裁断機だのを買うつもりも毛頭なく、手元にある10年前のスキャナと手作業でひたすら手間暇かけて作ることに。

 今回、実験台電子書籍化の対象としたのは、『わぁい!』の創刊号。

waai1.jpg

 発売して半年足らずの書籍をバラすのは申し訳ない気もしたんですが、手元にある雑誌でページ数の少ないものが、これしかなかったので……。単行本とかはやっぱり抵抗あるし。
 表紙と中身の接合部分にナイフを入れて剥がし、

waai2.jpg

 紙をくっつけている接着剤をがりがり削ってから、1枚ずつ丁寧に剥がしていきます。

waai3.jpg

 スキャナで取り込み、仮想プリンタ等でPDFにします。解像度は300dpiとしました。

waai4.jpg

 PDForsellなどのツールを使ってファイルを一纏めにしたら、いざiPadに転送。

waai5.jpg

 できあがりヽ(´ー`)ノ

waai6.jpg

 見開きはこんな感じです。(CloudReaders使用)

 予想はしていましたが、スキャナでの取り込み作業が一番面倒でした。ただ、他事をしながら片手間にやっていたこともあって、それほど負担には感じなかったです。あの『小説SO2』の果てしない印刷作業に比べたら温いもんです。
 データ自体も納得のいくものができました。やっぱりiPadは活字の本よりも雑誌向きですな。カラー原稿が映える。

 まァでも、かかる手間と時間を考えたら、素直にScanSnap買うかスキャン代行サービスを利用するのが無難だと思います(;´Д`) わざわざ旧世代のスキャナで自炊するような酔狂はわたしだけでいいです。
posted by むささび at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43514150
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック