2008年07月19日

DS版DQV

 まだ1時間程度しか遊んでいませんが、オープニングの船室から出たところで既に目が潤む。やっぱりこの作品に対する思い入れは半端ではないようで。ゲームそのものよりも、久美先生の小説のイメージが強いかも。小説書き始めたのもこれがきっかけだったし。DQ外伝、結局未完で終わってしまったよぅ('A`)
 あと、今にして思えば、わたしのショタの原点はこのゲームだったかもしれませんな……。直接的な影響はないにせよ、無意識下に何かが芽生えたような気がします(笑)。それがレオンで一気に発露してしまったと。いや、どうでもいいですけどね。

 まァ、内容も話の展開も場合によっては宝箱の場所まで憶えているようなゲームですが、散在した想い出のかけらを拾い集めながら、進めていきたいと思います。
posted by むささび at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43514234
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック