2014年07月15日

2014年W杯まとめ (うすくち)

 にわかは卒業したものの、通と言えるほどは詳しくない。そんな中途半端なサッカー好きによるW杯の総括。今回は印象に残ったカードを取り上げて、杉村太蔵ばりのうっすい切り口で語りたいと思います。

■ スペイン−オランダ 「突撃!オレンジ隊」

 スペインの落日を印象づけたこの試合ですが、一番のインパクトはやはりファンペルシーの同点ゴール。トラップするのもボレーも難しそうなクロスが来た→よしヘディングだ、と思ったのかは定かではありませんが、あの状況でヘディングを選択できるのは、やはり生粋のストライカーならではの直感なんでしょうね。勿論それをきっちり決めきれる身体能力も凄まじいですが。
 ただ、ファンペルシー自身はこのゴールの他には「らしい」活躍ができませんでした。体調崩していた影響もあったのかな。プレミアで何度も見せたようなびっくりシュートがもっと見たかった。

■ 日本−ギリシャ 「あの素晴らしいQBKをもう一度」

 まるで8年前の試合をそのまま再現したような展開になってしまった、今回の日本。リメイク作品か何かですか? ギリシャ戦でも一体何羽のカルガモがゴール前を通っていったのやら。(このへんのネタ自体、若いネットユーザには通じないんでしょうね……)
 まァ、今回は大会前に期待が高まってしまった反動で失望も大きかったのかもしれないですが、そもそもW杯というのは世界中の強豪国が集まった大会ということを忘れてはいけません。イタリアもイングランドもスペインでさえも、少し歯車が噛み合わなかっただけで篩い落とされるような舞台です。あまり深刻に受け止めずに、またアジアでの戦いから一戦ずつ勝ち抜いていけばいいのではないかと。結局は積み重ね、なんだと思います。たかだか出場5回。これからです。

■ イタリア−ウルグアイ 「DFかじり虫」

 スアレス、本当に懲りない男です。そのうちタイソンみたく耳とか噛み千切るんじゃないかと恐いんですが。ただ、この闘争本能(と言っていいものか微妙だけど)こそが貪欲にゴールに向かうプレースタイルの原動力になっているだろうので、完全に牙を抜いてしまっては駄目なんですよね……。選手としては素晴らしいだけに、何とも困った悪癖です。
 で、とんだとばっちり食らったのがイタリア。あれでスアレス退場していたら直後のゴールもなかっただろうから、イタリアとしては悔しい敗戦となってしまいました。個人的にも期待していただけに残念。ピルロとバロテッリをもっと見たかったー。

■ アルゼンチン−スイス 「りおねる散歩」

 メッシの、メッシによる、メッシのためのチームを作り上げた今大会のアルゼンチン。この開き直りの結果ともとれるチームが思いのほか機能して、あれよあれよと決勝まで上り詰めてしまいました。最後はドイツに及ばなかったものの、アルゼンチンにも勝機はあったし、充分に成功と言っていいのではないかと思います。
 そして、今大会のアルゼンチンを象徴するような試合となったのが、このスイス戦。とにかくメッシが走らない。他の選手が懸命にボールを追う中、画面の隅の方でのんびりお散歩。実況にも「メッシが動いた」とか、まるで動物園のコアラのような扱いをされる始末。しかし、ひとたび動けば必ず決定的な仕事をするところは流石です。それでも試合は下僕……もとい、チームメイトがなかなか決めきれず延長戦に入り、終了間際に王様……もとい、メッシからのパスを受けたディマリアがゴールしてようやく決着。時代に逆行するかのような古風なチームスタイルでしたが、それが通用したのはひとえにメッシのポテンシャルの高さゆえ、なんでしょうなァ。このサッカー史上においても希有なプレイヤーをリアルタイムで見ている我々は、実はとても幸運なのかもしれません。

■ ブラジル−ドイツ 「もう、やめてー(横山弁護士)」

 ……と、色々挙げた上記の試合なんて一気に吹き飛んでしまったくらい衝撃的だったのが、この一戦。
 ドイツは前回、前々回の反省を活かして、準決勝あたりに合わせて調整してきたんでしょうかね。それまでは正直あまりパッとしない印象でした。ノイアーの活躍がなければ敗退していたんじゃないかと思えるくらいに。
 で、そんな上り調子のドイツに運悪く当たってしまった開催国のブラジル。おまけにネイマール、チアゴシウバという攻守の要を欠いて臨まなければならなかったという状況、スタジアムの熱気は最高潮、否応なしにブラジルの選手には極度の重圧がかかる──そうした様々な要因が重なったことで、あの惨劇は生まれてしまったんでしょう。
 まァ、それでも準々決勝までは良い試合をしていたのは確かなのだから、あまり悲観的になることもないかと思います。禍福は糾える縄の如し。次の大会では輝きを放つネイマールが見られることを願っております。
 そして、ドイツはおめでとうございます。カーン様も横浜のゴールポスト付近で喜んでいることでしょう(生霊かい)。
posted by むささび at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2013年07月02日

コンフェデまとめ (うすくち)

 日本にとっては些か残念な結果に終わってしまった今回のコンフェデですが、個人的にはそれなりに楽しめました。ということでまた適当な総括を。

■ブラジル

 今大会は最初から最後までブラジルとネイマールの大会となりました。火をつけたのは日本なんですけどね……。
 ネイマールはクラブW杯でメッシに一蹴されてから妙に大人しくなってしまった印象があったんですが、やっぱりスター性は垣間見えた気がします。自国開催という幸運もあるし、久々のブラジル人レジェンドが輩出されそうな期待を持たせてくれます。ただ、今回の戦いでヨーロッパ勢からの警戒も一段と増してくるだろうので、来年も同じように勝たせてくれるとは限りませんが……。

■スペイン

 久しぶりに「勝負弱いスペイン」が見られました。2006年W杯のフランス戦以来かな。
 日程やコンディションの悪さなど不利な要素が多かったとはいえ、今回は結構押されている試合が多かったのは気になるところです。対策された結果なのか、それとも黄金期を築いた面々に陰りが見え始めているのか。特にイニエスタの不調が今回は目立ちました。ブラジル戦なんてほとんど何もできなかったんじゃないだろうか。
 そして師匠はタヒチ戦(ボーナスステージ)で4点を稼いで貫禄の得点王。流石です。

■イタリア

 何というか、お疲れさまでした(;´Д`) 3決は途中で寝てしまったけど、きっちりPK戦までやったそうで。
 まだ少しムラっ気はあるものの、確実に新しいイタリアへと進化している姿は見られたと思います。スペイン戦での3-4-2-1は見事でした。このへん日本でも真似できないものかなァ。
 来年に向けての不安要素があるとすれば、ピルロの状態でしょうか。結構いいお歳ですからね……。

■日本

 3戦全敗という結果でしたが、相手が相手なのでそう悲観的になることでもないかと。具体的にはオシムさんの指摘の通りだと思っています。イタリアでさえスペインと戦うときは戦術を変化させる時代なのだから、日本もこの1年は強豪との戦いに向けた実際的なアプローチが求められそうです。
posted by むささび at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2012年07月02日

ユーロ2012まとめ (うすくち)

 海外サッカーに関しては、ずっと「にわか」を自称してきましたが、さすがに10年以上見続けてきてにわかもないだろうということで、今回は「うすくち」としました。
 どちらにしても大したこと書けません。ごめんなさい。

■スペイン

 終わってみれば、W杯の相似形だったかな、という印象です。
 点取り屋が不在ということもあって、グループリーグではいまいちパッとしなかった(アイルランド戦は師匠のご活躍で良かったけど)ものの、徐々に連携が取れてくるとペースも上がってきて、決勝ではぐうの音も出ないほどの完璧なサッカーを見せつけてくれました。しかもジョルディ・アルバという新たなスターまで出てくる始末。南米勢も最近は今一パッとしないから、このまま2年後のW杯も持って行ってしまいそうな勢いです。
 こうなったらもう、日本がスペインを止めるしかないな。うん。

■イタリア

 やはり中2日は厳しかったか。万全のコンディションでスペインと再戦してほしかったな、というのが正直なところです。
 それでも今回のイタリアは素晴らしかったです。以前ならイタリアの試合は半分寝ながら観戦することが常だったんですが、今回は非常に見応えあるサッカーを披露していて飽きなかった。初戦のスペイン戦は今大会のベストゲームだったと思います。
 バロテッリはクラブチームでの挙動と比べると大人しい印象だったけど、アイルランド戦の口塞ぎ事件やドイツ戦の仁王立ちなど、少しずつ本領を発揮(?)し出してくれました。プレイ内容でも大器の片鱗は見せていたので、今後の活躍に大いに期待。

■ドイツ

 また、やらかしてしまいました。何度目だドイツ。
 華々しく勝ち上がって期待を持たせておきながら、勝負所でコロッと負ける。もはやドイツの悪癖となりつつあります。上手いこと行きすぎると油断してしまうんですかねぇ。こういうのは巡り合わせみたいなものが作用してくるので、どうにもならんところはあります。
 まだ若い選手が多いので、2年後また頑張ろう。

■ポルトガル

 ロナウド依存なのは相変わらずだけど、今回はチームとしても結構まとまっていたと思います。ナニのコンディションが今一だったのが残念。コエントランは良かったですな。
 センターフォワードさえ固まれば、かなりのチームになると思うのだけど……。スペインみたく0トップにしてしまうのも手かも。

■フランス

 辛うじて決勝トーナメントまでは進んだものの、またしても内輪揉めでチーム崩壊。ナスリはプレイスタイルは結構好きなんだけどなァ……。前回のグルキュフにしても今回のナスリにしても、こういう形で若い選手が潰れていってしまうのが非常に残念です。

■オランダ

 デンマーク戦で負けたのが運の尽きでした。前半20分で集中力が切れてしまうというのは、明らかに何か問題があるんだと思います。それほど若い選手が育っているわけでもないので、今後が少し気懸かり。
posted by むささび at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2010年07月14日

にわか的W杯総括 2010

■スペイン (しりあがりイニエスタ)

 ある意味「自らの影」との戦いだったと思います。2年前のチームスタイルがあまりにも完璧だったために、グループリーグではやや自縄自縛になっていたところがありました。それでもあくまで自身のスタイルを貫き通し、徐々に調子を上げていったのは流石です。得点はあまり入らなかったけど、中盤はほとんど支配していたので、スコア以上の差はあったと思います。つうか点が入らなかったのは、ぶっちゃけトーレスが(略)

■オランダ (なんとなくスナイデル)

 良くも悪くも「オランダらしさ」で突き抜けた印象でした。個々の能力で劣る相手にはもっさりしたパス回しで油断させてから個人技で強行突破という鬼のような試合運びをして、格上に対しては格闘技かと見紛うほどの激しいタックルで挑発して自滅を誘う。ブラジルはそれにまんまと乗って馬鹿やらかしましたが、さすがにスペインには通用しませんでしたな。縦横無尽に走り回るロッベンをたっぷり見られたのは、嬉しかったですヽ(´ー`)ノ

■ドイツ (ほっそりエジル)

 個人的には今大会のベストチーム。攻撃、守備、組織力、決定力、全てにおいて高いレベルでバランスが取れていました。それだけにスペインとの一戦は惜しまれるけど、まァ基本的には力負けだから仕方ないですか。エジルとミュラーの4年後に期待します。

■ウルグアイ (すーぱーフォルラン)

 開催国の南アフリカを撃沈させたり、ガーナをあんな形で破ったりと、すっかりアフリカの敵となってしまったウルグアイですが、ベスト4に相応しい、良いチームだったのは間違いないです。フォルランはやることなすこと全てが格好良くて、惚れ惚れします。彼になら抱かれてもいいと(自粛)

■アルゼンチン (なんてったってマラドーナ)

 今大会のマスコット的存在だったマラドーナ。正直、もっと見ていたかったです。グループリーグでは本当に楽しませて頂きました。
 メッシはゴールこそなかったけど、ドイツ戦以外の動きは良かったから、あれで叩かれてしまうというのはちと可哀想ですな。

■日本 (さんかっけー本田)

 見事に波乱を起こしてくれました。デンマーク戦は本当に素晴らしかったです。まさか本田がここまでやってくれるとは……去年「いらない」なんて言ってすみませんでした。
 ただ、この結果を受けて、大会前に岡田さんを批判していた評論家を押し並べて叩くのは、どうかなと。実際あの状況では、批判的な論調になるのは必然であったわけだし。評論家を標榜する人でも、単に日本を叩きたいだけの人なのか、それとも日本サッカーのこれからを考えて論じていた人なのか、そのへんはきちんと見極める必要があると思います。


 今回はTwitterでハッシュタグをつけての実況に参加してみましたが、新しい観戦の仕方として、これはこれでアリだと思いました。ただ、やっぱり良い試合は画面だけに集中して観たいかなァ(;´Д`)
posted by むささび at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2006年07月14日

にわか的W杯総括 〜選手編〜

・リベリ(フランス)
 今大会の個人的MVP。グループリーグ(といっても初戦のスイス戦しか見てないけど)では消極的なプレーが目について、ちょっとどうなのかなァと思っていたのだけど、トーナメントに入ってからキレキレドリブルを武器に大活躍。ジダン達おっさん連中が、持ち味をうまく引き出してくれたって感じですかね。準決勝以降は彼の動きに釘付けでした。まだ23歳なので、4年後に激しく期待。
 彼の生い立ちはこのへんを参照のこと。

・ガットゥーゾ(イタリア)
 イタリアの中では、やっぱりこの男。興奮のあまり監督をどついたり、オーストラリア戦のゴール後にわざわざヒディンクの前でガッツポーズしたり、もうやることなすこと大好きです。キャラとしては最高。実際に近くにいたらアレですけど。
 優勝後は興奮しすぎてほとんど野生化してますな(;´Д`) ズボン脱いでたし……。
 「僕たちは、自分の海を持っている」イタリア代表MFガットゥーゾ
 ガットゥーゾ 極度の興奮トイレ28回、芝生食べる

・ルーニー(イングランド)
 驚異の回復力を見せたまでは良かったんですけどね。やっぱりち○こ踏んではあきまへんわな。あのときのやりとりは面白かった。優等生の留学生 vs 成金のガキ大将って感じで。

ロナウド「せんせー、あいつち○こ踏んだー」
ルーニー「ちょ……お前なに言ってんだよ!(突き飛ばす)」
主審「廊下に立ってなさい(赤紙)」
ルーニー「えー!」
ロナウド「やったね父ちゃん(ウインク)」
フェリペ「よくやった息子よ!」
ルーニー「ちくしょうハメられたー。見てろよお前、パパに頼んでイギリスにいられなくしてやるからなー」

 確かに聞こえました、そういう会話が。いや、ホットペッパーのCMではなく。

・ロッベン(オランダ)
 もっと見たかった選手その1。いまいち調子の上がらないチームメイトを尻目に孤軍奮闘。グループリーグでは間違いなく輝いていた一人でした。赤紙飛び交う馬鹿試合に散る。南無。

・ロシツキー(チェコ)
 もっと見たかった選手その2。ユーロのときに売れないハードロック歌手のような髪型をしていて、それが『シザーハンズ』の主人公に似ていたので、今でも彼を「シザーハンズ」と呼んでいたりするんですが……わたしだけですかね。アメリカ戦でのミドル(ロング?)シュートは個人的ベストゴールです。先生の負傷さえなければ、上に行けたかもなァ('A`)
posted by むささび at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2006年07月12日

にわか的W杯総括 〜チーム編〜

・イタリア「ミッション・インポッシブル」
 どれほど攻め込まれても、ピンチの連続でも、それを凌いで少ないチャンスをものにする。その強かさというか、掴み所のなさは流石というしかない。正直好きじゃないけどね。目立った選手はピルロ、カンナバーロ、そしてガットゥーゾ。確実に仕事をこなす職人肌が多いですな。トッティ、トニ、ジラルディーノの攻撃陣はいまいちだったけど。デルピエロやインザーギをもっと見たかったなァ。
 あと、ネスタの負傷は痛かった。いろんな意味で。

・フランス「おっさん復古」
 前評判は決して高くなかったし、グループリーグでもあまり良い戦い方はしてなかった。けれどトーナメントに入ると、おっさん共が年甲斐もなくハッスルし始める。スペインを撃破すると、勢いに乗ってブラジルも突破し、ポルトガルをも薙ぎ倒してしまった。これはもう、このまま突っ切って伝説を作るんだろうな。そう信じていた……のだけど、ね。
 まァ、別の意味では伝説になってしまったのかな。結局はジダンの、ジダンによる、ジダンのための大会だったのかもしれません。

・ドイツ「闘将!カレーマン」
 相変わらずの勝負強さ。それはやっぱり守護神・カーン様の御利益でしょう。たとえピッチにいなくても、ベンチからチームに念を送り続ける。アルゼンチンとのPK戦でも、あのときのレーマンには確かに彼が憑依していた。そう、あのときゴールを守っていたのはレーマンではなく、カーンと一体化した正義の味方、カレーマンだったのだ。ありがとう僕らのカレーマン。そして永遠に。

・ポルトガル「芸人魂」
 ボールさばきも一流なら、ダイビング技術も一流。まさしく芸達者な集団ではありました。まァ、結局はアンリの芸達者ぶりにやられてしまったわけなので、芸に笑い、芸に泣いたといったところか。C.ロナウドとルーニーの諍いは、子供の喧嘩みたいで面白かった。

・ブラジル「横綱ロナウド」
 すっかり曙化してしまったロナウド。日本戦とガーナ戦ではそれなりにいい動きを見せて記録を更新したけど、それ以外ではさっぱりでした。ロナウジーニョとカカも上手く機能せず、カフーとロベカルの両サイドも衰えは否めない。何かちぐはぐなまま終わってしまった。前評判が良すぎると、あんまりいいことはないですな。

・日本「柳とカルガモ」
 とある日本人FWとカルガモの、心温まる愛のエピソード。映画化決定。
posted by むささび at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2006年06月21日

シュートを外した柳沢に衝撃の真実が!

 そうか、そうだったのか!

 ごめんよ柳沢。僕らはすっかり誤解していた。君は動物を愛する心優しい青年だったんだね。日本中を敵に回してでもカルガモを守った君の行為に、僕らは涙を禁じ得ない。きっとカルガモたちも君に感謝していることだろう。
 さあ、みんなでこの素晴らしいエピソードを世界に伝えようではないか。たとえ一次リーグで敗退したとしても、日本には誇れるものがある。「ゴールを犠牲にして小さな命を救ったサッカー選手」の姿はWCの歴史に刻まれ、永遠に語り継がれるに違いない。
posted by むささび at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2006年06月13日

コラー先生負傷

 先生。・゚・(ノД`)・゚・。

 ねっとりべとべとさんと「シザーハンズ」ロシツキーが、きっと仇を討ってくれます。きっと、必ずや。

 それにしても加地さんといい先生といい、わたしが応援する選手は何でことごとく怪我するのか。もしかして疫病神ですか(;´Д`)
posted by むささび at 04:37| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2006年05月31日

加地さん負傷

 シュバインスタイガー…… orz


[追記(06/01 12:00)]
 どうやら大事には至らなかった模様。
 ホントに良かった……。
posted by むささび at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2006年05月29日

にわか的W杯の見所

・コラー先生の電柱っぷりと繊細すぎるポストプレー。
・カーン様大暴れ。控えなのに何故かレッド貰って退場。
・加地さんブラジル戦で貫禄のゴール。「カフーを継ぐ者」として伝説に。
・そしてコロッチーニにはブーイング。根に持つドイツの観客。

 ルーニーの一人突撃隊も見たいところだけど、微妙そうですな。ううむ。
posted by むささび at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー