2014年04月09日

19年目の途中経過

 どうも、むささびです。
 ネットに入り浸り続けて遂に19年目を迎えてしまいました。

 Windows95のPCで初めてネットに繋いだのが18年前の春。当時は高校生だったし、コンピュータの知識も大して持ち合わせていませんでした。一体何ができるのか、どうやるのか。全てが手探り状態で、好奇心の赴くままネットの海へと潜っていったように記憶します。
 そしてそのまま帰らぬ人に……なっていませんが、似たようなものですね。はい。
 わたしが初めて見たネットは、今から考えればとても情報量の乏しいものでした。Webサイトを作って発信していたのはほんの一握りの好事家のみで、その少ないサイトをYahooが束ねている、といった具合でした。コミュニケーションの手段はメール、BBS、サイトの掲示板にチャットと多種あったものの、そもそも人が少ないので行き交う情報もそんなに多くないし、常時接続ではないからタイムラグも数日単位で発生してしまう。良く言えば牧歌的、悪く言えば閑古鳥。それでもパソコン通信の時代と比べれば賑わっていたんでしょうけどね。
 当時の状況については、インターネット白書の統計を見てもらえれば何となく掴めるのではないかと思います。

【インターネット白書ARCHIVES】
 http://iwparchives.jp/

 1996年のネット利用者は2012年の1/10程度、そのうち9割以上が男性で、年齢層も20〜30代が7割以上を占めていたようです。確かに周りは大人ばかりだったし、女性も見かけなかった気はします。まァ、性別なんていくらでも詐称できるけど。
 このインターネット白書、ちょうどわたしがネットを始めた1996年から刊行されているようです。ここに纏められているモノを全て見て、関わってきたのだと思うと、なかなか感慨深いです。実際はネットの片隅でコソコソ活動してきただけなので、こうした流れとはほとんど無関係だったのだけど、気にしない(゚ε゚)

 それにしても、18年です。赤ん坊が青年になるくらいの歳月です。適齢期ですね。なんか7年前にも同じこと言った気がしますが。
 上述のネットの歴史に比べたら些細な、砂浜に打ち上げられた小さな貝殻くらいのものに過ぎないけれど、わたし自身もこの18年の間に様々なことをやって、僅かながらも歴史を刻んできました。そして、手がけてきたもののいくつかは幸運にも現在まで残ることができた。本当に幸運なことだと思います。
 残ったものも残らなかったものも、わたしにとっては大切な思い出には違いありません。ただ、それでもやっぱり、残る(残す)ということは大事だなと、この歳になってくると強く思います。
 「残したい」という欲求は、やっぱり本能的なものなんでしょうね。生きてきた意味だとか価値だとか、そういうところから考えるのも有りかもしれないけど、遺伝子に刻み込まれた本能なんだとした方が、明快でわかりやすい。だから敢えて深く考えずに、そう思うことにしています。
 1年でも、1日でも、1秒でも長く残るものを遺していく。それがここ数年のわたしのテーマになっています。

 昨年から書き始めている『小説ワイルドアームズ2』も、そのテーマに基づいて始めたもののひとつです。
 わたしなりの経験則として、長く残ったものというのは「誰もやらないもの」であり「継続されたもの」であり「完結したもの」だという認識があります。小説SO2にしろ三笠山委員会にしろギャグ王記念館にしろ、わたしが手がけたコンテンツで現在も残っているものは、これらの要素を備えていた。WA2はかれこれ15年前のゲームですが、自分が知る限りノベライズをやっている人はいない。後はこれを続けて、完結させること。そうすれば必ず残るものになると、信じています。

 残すことは結構大変ですが、そのぶん、いいこともある。それもここ数年で実感したことです。小説SO2は残ることで本まで作ることになり、それを通して沢山の繋がりと経験ができた。三笠山委員会やギャグ王記念館は今でもたまにTwitterなどで反応をいただきます。当時の読者にとっては貴重なコンテンツになっていると自負しています。

 19年目。
 これからも、ひとつでも多くのものを残し、できる限り永く続けていきたいと思います。
posted by むささび at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年01月06日

『あんだんて』10周年

 本当に「気がつけば」という感じです。

 FSやERと違って特に目的があるわけでもなく、その時々の興味ある事柄について適当にだべってきただけのサイトなので、正直なところあまり感慨がありません。「よく続いたな」というよりは「何で続いてるの」といったところでしょうか。
 まァ、折角の機会なので、この10年での興味の推移をざっと振り返ってみることにします。


■ゲーム

 SO、WA、テイルズ、幻水といった「ポストDQ・FF」に注目してきた訳ですが、ちゃんとした形で残ったのはテイルズだけというお寒い状況に。そもそもDQやFFも含めた和製RPG自体が斜陽の時代を迎えつつあるような気配です。
 個人的にも最近はテイルズとスポーツ系(ウイイレとみんGOL)しかやってないです。そういやシュタゲもやったっけ。ノベルゲーはどうもゲームという意識が薄くて(;´Д`)
 仕方のないことではあるけど、徐々にゲームに割ける時間が減ってきてしまっているので、やたらと長いRPGは敬遠しがちです。「作品」としてコンパクトにまとまっているものを好む傾向にあるかも。

■マンガ・アニメ

 10年間継続して追い続けたのは浅野りん作品のみ。これからも追い続ける所存です。
 スクエニ関係も最近はさっぱりです。PandoraHeartsくらいか。ただ、Twitterを通じてかつての4コマ作家さんとコミュニケーションが取れるようになったのは嬉しかったです。ネット始めたばかりの頃の新鮮な感覚が、少しだけ蘇ったような気がします。
 アニメはもともと見る習慣なかったんですが、あまりにもトレンドから乖離して枯れかけていることを自覚して、去年あたりから頑張って見るようにしてます。リアルタイムでは追えないからDVDでまとめて見てます。

■MIDI

 正直これは、各方面にごめんなさいしなければいけないと思います。ごめんなさい。
 NK3もボカロもニコ動の方も、やりかけては放り出すの繰り返しで本当に申し訳ないです。根本的に音楽センスが皆無である故、ひとつ作るのに莫大な時間を要するんですよね……。そして完成したら力尽きて「当分やりたくない」となってしまう。
 当面は小説の方を優先したいと思いますので、こちらは……まァ気長にお待ちください(;´Д`)

■同人活動(小説)

 今年はもちっと腰を据えてやりたいな、とは思ってます。
 とりあえず現在はpixivにて女装少年モノを連載中です。過去の遺産の活用のつもりだったんですが、大幅に手を加えたり書き下ろしたりして、思いのほか手がかかっていたり……。
 今年中に1回は、イベントに何か出したいと企んでいます。オリジナルか二次かはまだわからないけど。
 絵師さんは常時募集しておりますー。よろしくです。

■ガジェット

 ここ数年で俄に盛り上がってきた趣味ですが、最近はやや冷めつつあります。
 何というか、スマートフォンが普及段階に入って同じような端末ばかりになってしまったので、ネタになりそうな興味をそそられるモノが少なくなってしまったんですよね。最近の注目端末が「イエデンワ」ということでは、どうしようもない。
 Androidタブレットにしても、思っていたよりも面白味を感じなかったです。それなりに使える端末はたくさん出たけど、どれも似たり寄ったりでいまいち興味が湧かない。もっとエッジが効いてて尖っていて触るもの皆傷つけるようなギザギザハートな端末を期待しております。シャープならきっとやってくれる。

■ショタ

 まだ空から降ってきません。何故でしょうか。


 ということで、今後も当Twitterまとめブログをよろしくお願いします。
posted by むささび at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年10月14日

いろいろオフ

 日曜に東京へ行って参りました。一応目的はトライエース系のオンリーイベントだったんですが、実際にはその後の野球観戦がメインになってしまった感じです。試合の内容もアレだったし。

■コメダ
 イベント会場の近くにコメダがあるみたいなので、しーるさんとそこで待ち合わせ。結構混雑してました。
 コメダは今後、本格的に関東や関西に進出するらしいです。寿がきやみたいにならなけりゃいいけど。

■オンリーイベント
 考えてみたら、一般参加は初めてでした。つうわけで激しく気後れ。女性率高いしー。小説SO2の宣伝ペーパーでも作って持っていこうかと思っていたけど、結局時間がなくてできませんでした。
 次回は来年6月だそうです。どうするかなァ。

■神宮球場
 そして問題の試合。例の判定については散々騒がれてるので、敢えて何も言いません。中日ファンもかなりヒートアップしてたけど、あれは「寒いから騒がないとやってられない」というのもあったと思います(;´Д`)
 神宮は初めてでした。屋外ではナゴヤ球場以来だったので、そこはかとなく懐かしさが。ドームよりもグラウンドとの距離感が近いのは良いですな。妙に中日ファンが多かったのは、立浪のラストゲーム(CSを除いて)だったからなんですな。9時で帰ったので打席は見られなかったけど、三塁側ブルペン近くでキャッチボールしてる姿は見ました。
 そしてドアラは相変わらず。むしろビジターの方が活き活きしてるかも。

■浅草
 翌朝、Hallさんとの合流まで時間があったので、浅草で時間を潰すことに。けど本堂は工事中で白い幕が張ってありました。仁王像とか煙の出てる甕(名前知らない)とかは別の場所に移動してたし。昼時になって人多すぎ状態になったので、早々に離脱。

■塩ひよ子
 帰り際、新幹線の改札近くで衝撃的なネーミングの土産を発見。とりあえず買って、家に帰ってから食べてみたけど、小豆餡の普通のひよ子でした。餡に天草の塩を入れて上品な甘さに仕上げた……らしいです。別に塩を前面に押し出さなくてもいいような(;´Д`)

 まァ、とにもかくにも、お疲れさまでした。
posted by むささび at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年05月21日

食い倒れオフ 2009

 相変わらず今回も結構まったりというかぐだぐたというか、そんな感じになりました。とりあえず簡単に報告だけー。

■16日
 昼過ぎに東京到着。そのままひとりで中野ブロードウェイへ。なんかフィギュアが沢山並んでいたけど、正直興味ないのでスルー。ただ、コスプレの店は少し気になりました。男の子への土産に買いたかったけど、恥ずかしいので見るだけに留めておきました……。
 その後、三鷹へ移動。禅林寺というお寺に太宰治の墓があるというので、拝みに行きました。
 090521.jpg
 缶ビールが供えてあるのが、いかにも彼の墓らしい。ちなみに斜向かいには森鴎外の墓もあります。
 身投げをした場所とかも行ってみたかったけど、時間がなかったのでパス。早々に三鷹を後にする。中野行かないでこっちだけにすれば良かった(;´Д`)

 5時頃に池袋で全員集合。わたしとしーるさんはホテル泊を予定していたので、先にホテルを取ることに。そして空いていたのが何故か西麻布のホテル。セレブだ。よくわからんけど。
 チェックインした後に皆で晩飯の店を探す。高級店が立ち並ぶ中、入ったのは本格的イラン料理の店。ニンニクの匂いしかしないヨーグルトとか、歯磨き粉の味しかしない飲み物とか、「山」的なモノもいくつかありましたけれど、全体としては美味しかったです。まァ山と比べては失礼か……。
 Hallさん、やんぴんさんと別れた後、ホテルにて翌日の打ち合わせ。……のはずが、ほとんど雑談になってしまいました……。1時になったところでお開きにして、自分の部屋に戻って就寝。実は既にこのあたりからメルトダウンは始まっておりました(;´Д`)

■17日
 起床。案の定腹の調子が悪い。けど出すもの出したら少しは軽くなったので、気にせず出発。雨の中、しーるさんの車でいざ静岡へ。車内ではひたすら桜庭さんの曲を流しておりました。
 ほぼ時間通りに静岡到着。Shiraさん彼方さんと合流してから、Shiraさんの車で焼津へ向かう。車内には当然のごとく桜庭さんの曲が……さすがにちょっとお腹いっぱいな気分だったので、FF(それでもゲーム音楽)に変えてもらいました。
 お昼に焼津到着。ひたすら雨。とりあえず昼を食べようということで、さかなセンターとかいう食堂に入る。わたしは比較的お腹に優しそうな「鰹茶漬け」を頼む。美味しかったです。しかし腹は痛い。トイレ行っても治らないし、もうどうしようもないのでそのまま放置することにしました。
 昼食後、市場を一通り見て回り、お土産も少し買ってから焼津を後にする。次はどうするのかと思ったら(既にわたしに決定権はない)、その日ちょうど静岡でやっていたホビーショーに行くとのこと。途中わざわざ景色のいい道を通ってもらいましたが、天気が悪くて少し残念。
 そして、ホビーショー。なんで静岡なのかと思ったら、バンダイもタミヤも静岡でしたっけね。納得。近年は痛車が浸食してアレな感じになっているらしいですが、わたしはそんなのには構わず家族連れを見つけては脳内男の子牧場を構築していたのは内緒です。あと、バンダイのガンダム特設ブースでは落合福嗣を、タミヤのブースでは昌さんを捜したものの、どちらも不在でした(当たり前)。

 5時過ぎに静岡駅に戻り、静岡おでんの店へ。おでんも各種美味しかったです。ただやっぱり腹が痛い。あと、玉子あたりはちょっと味噌が欲しいと思ったりも……。ごめんなさい、名古屋人でごめんなさい(;´Д`)
 7時過ぎたところでお開きとなり、彼方さん、しーるさんと別れる。新幹線(ひかり)の時間まで少し間があったので、Shiraさんとカフェで一服。その際MIDIの話題になったので、密かに計画していた「SO(SFC版)全曲制覇プロジェクト」の協力を打診したところ、前向きな回答をいただきました。まァわたしも、どこまでやれるかわからんけど……。
 8時になったところで店を出て、Shiraさんと別れる。皆さんどうも色々ご迷惑かけました。懲りずにまたよろしくお願いします。とりあえず腹を治してからですが……(まだ治ってない)。


 「食い倒れオフ」と銘打った今回のオフでしたが、ある意味、その通りの結果となりました。「(腹が痛くて)食い(ながら)倒れ(そうになる)オフ」ということで。
 ……あんまり笑い事でもなかったんですけどね。ホントにすんませんでした('A`)
posted by むささび at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月18日

静岡オフ(?)開催のお知らせ

 今年は特に何かの記念というのはありません。なので、「遊びに行くから誰か付き合ってやってください」という緩い感じでやりたいと思います。
 一人旅だと寂しくて死んでしまうので、よろしくお願いします('A`)

■静岡食い倒れオフ(予定)
日時 : 5月17日(日) 10:30〜11:00集合
場所 : 静岡駅のどこか
   (具体的な場所は後日お知らせします。というか良い場所教えてください)
目的 : 静岡のサッカー少年とぶらり食べ歩き

 ご連絡はメールかメッセかmixiで。
 重ね重ね、よろしくです。
posted by むささび at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月11日

Evolution R リニューアル

 ようやっと改装が終わりました。
 まだ要調整な部分もあるんだけど。チャットとか。

 今回のコンセプトは「復活」です。
 10年前を彷彿とさせる星空の背景とレイアウトは、昔のERをご存知のかたには懐かしいんじゃないかと思います。構成のベースになっているものはFSやコトノハと同じなんですけどね。そこに少しだけ昔のエッセンスを入れてみただけで。
 あと、ニコ動へのリンクという形ではあるけれど、MIDIも再開させてみました。昔のデータばかりではなく新しいのも作ろうと思っているので、改めてよろしくです。

 ちなみに内容とは関係ないですが、今回はHTMLの文法にかなり気を遣いました。とりあえずトップページはW3Cの基準をクリアヽ(´ー`)ノ 他のページも順次チェックしていきます。
 これからは内面の美しいサイトを目指そうと思います。はい。
posted by むささび at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月01日

しんねんー

 おめでとうございます。

 当サイト『あんだんて』も7年目に突入ということになりました。ちなみにFlying Squirrelは7月で13周年です。うあー。

 今年も相変わらず適当に更新していきますので、よろしくです。
 とりあえず小説SO2はさっさと終わらせます。このペースだと2月で完結できるかな。


【訂正(1/7)】
 13周年じゃなくて12周年でした。
 素で間違えた(;´Д`)
posted by むささび at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月27日

Pandora Hearts

Pandora Hearts(1)

Pandora Hearts(1)
著者:望月淳
価格:580円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


 本屋で表紙を見て一目惚れ。そのまま欲望の赴くままに購入しました。
 最近のわたしのコンセプトは「色気のあるショタ」ということなんですが、見た目的にはほぼパーフェクトです。……偉そうに言うことじゃないな(;´Д`)

 作品としても充分に面白いです。いろんな意味で一筋縄じゃいかない主人公なので、人によってはイライラするかもしれないけど。複雑なモノを抱え込んでいるというか、奥底に溜め込んでいるというか。そんな少年を、おにーさんはこれからもいやらしい目で見守っていきたいと思います。

 というか、ここのところ購入動機が「ショタキャラ」というのが増えてきているような……。まァいいか。気にしないヽ(´ー`)ノ
posted by むささび at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月03日

ガンガンONLINE

 デジタルコミックだそうです。

 キタキタもいいけど、個人的には小島あきらの復活が嬉しい。4コマ風の軽い感じの作品だけど、随所にそれらしさは見られました。衛藤ヒロユキは、もっと画風が変わっているのかと思ったけど、案外そうでもなかったですな。
 ついでに坂本太郎も連載してます。こっちも相変わらず。
posted by むささび at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年06月15日

古畑中学生

 ええと、何かアレなコメントを期待したかたもいるかもしれませんが、残念でした(笑) 確かに可愛いとは思うけど、あくまでも「古畑」として見たので、そっちの思考は作動しませんでした。

 内容はまァ、普通に面白かったです。向島君と知り合いだった、っていう設定には驚いたけど。イチローとも兄弟だったし、なにげにおいしい役柄ですな。
 それと、和尚の孫娘って、もしかして……そうなのかなァ。

 とりあえず、これで本当に最後……だと思うけど。また来年あたりに『古畑高校生』とかやりだしたりして(;´Д`)
posted by むささび at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記